Page: 1/7   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
部屋の窓から
080117_0647~0001.jpg
快晴・かなり寒い


部屋の真東に桜島があるから朝焼けと桜島が同時に楽しめる。


しかし今日は放射冷却の影響もあってかなり寒い。
出発前はしばらくレジャーテントで乗り切ろうだなんて言ってたけど恐ろしい話しだわ。



| zenkana | 07:00 | comments(5) | - | pookmark |
今日の桜島
080119_0708~0001-0001.jpg
はれ・寒い


荷物の整理が終わって横になったら…18時間以上寝た!!!
これは久々記録塗り替えたかも。


でもまだまだ旅はここから、この部屋に落ち着きながら、南に浮かぶ悪石島を目指します!!
| zenkana | 07:18 | comments(4) | - | pookmark |
今日の桜島
080124_0919~0001.jpg
晴れ・少し寒い


鹿児島市から奄美市へ経由されているブロードバンド光ケーブル。
実際に太い電線が海中に沈められているらしく、十島村の各島には中継としてケーブルが陸揚げされているにも関わらず分岐がされていないためブロードバンドの利用は出来ない。


十島村役場が進めていたブロードバンド計画はどうなっただろう。



| zenkana | 10:06 | comments(0) | - | pookmark |
追記・2006年ボゼ祭り
070823_2236~0001-0001.jpg
村営船・フェリー十島


初めて悪石島を訪れたのは2006年7月のボゼ祭り。きっかけは、2009年に観測される皆既日食に合わせた音楽イベントの企画だった。


まず…さっそく異変は起こる。


満を持して迎えた「2006年ボゼ祭り」への出発直前…前日までの天気予報をひっくり返し突如台風が3つ同時発生、予報ではトカラ列島を直撃するらしく、毎年役場が企画している「ボゼ祭りツアー」は中止になる。

トカラ各島のライフラインでもある村営船は出航するが悪石島にたどり着くかどうかは天候しだいで予定は全くたたないとのこと…帰りの航空券を捨て、酔い止め薬を買い込んだ深夜、フェリー十島に乗船することになった。

しかし!なにごともなく、平然と14時間後には快晴の悪石島に入港。

3つの台風はそれぞれ進路を変えたり消滅したりしたらしい。


予約していた民宿は港から少し坂を上がったところで、入ってすぐに茶の間があり、玄関の引き戸を開けっぱなしにしておくとガジュマルの向こうにキラキラと光る水平線が望める。

それなりの緊張から解放され、みんなでスイカを食いながら高校野球のテレビをみたり、案内に来てくれた近所の子と散歩したりしていると、ふと「破壊によって明るい日常をもたらすボゼ」に会いに来た実感が込み上げてきた。

悪石島には海水浴場やコンビニは無く、小さなタバコ屋が一件とコカ・コーラの自販機が一台あるだけだけで、都会的な施設は皆無。
逆に、盛んなのは神行事で、ボゼ祭り以外にもたくさんの集いがあり、みんなで一緒に酒を飲み食いエイヤサッサと踊っている。

観光客のほとんど居ない純粋なボゼ祭り、アフターでは用意されていたビールやフルーツをたくさんご馳走になって大変楽しく、暗い話題が目立つ資本主義社会の末路から奇跡的に取り残されたことで、悪石島には美しい環境や精神性が生きているのは間違いないと思われた。

「悪石島で暮らしたい」と、空いている住宅やできる仕事はないかと調べるも現実は厳しく、イベントについても暗礁に乗り上げたまま翌年を迎えた…


そして2007年9月、諦めとかすかな希望を持って再びボゼ祭りを訪れたとき、なんとも言えず不思議に心地よい体験をする。


つづく…

| zenkana | 14:45 | comments(1) | - | pookmark |
今日の桜島
080201_1022~0001.jpg
晴れ・寒い


母親が変わった人と知り合い、あんまり変な人なので興味が出て色々はなしを聞いていたら、ななんと悪石島の学校で校長先生をしていた人だという…なんだかわからない物凄い確率…不思議な縁。


「また桜島がみてーなー」って言ってたらしい…ちっちゃい写真ですが…桜島は今日も悠々と浮かんでいますよー!!

| zenkana | 10:33 | comments(1) | - | pookmark |
追記・2007年ボゼ祭り
070828_1628~0003.JPG
ボゼ


2007年9月、2回目となるボゼ祭りへの旅。

羽田空港をフライトした夜、鹿児島港からフェリー十島に乗り込んだ。

広く澄んだ海も空も穏やかに晴れていて、月明かりが雲や波、水平線に揺れてめちゃくちゃ気持ちいい。
翌朝、都会の喧騒をすっかり忘れさせる汽笛と共に一年ぶりの悪石島へ到着。
午前中とは思えない熱い日差しのなか、島の子供達はまたひとつ大きくなっていた。

民宿でのんびりカルピスでも飲んでいると東京から「ボゼ祭りの夜に皆既月食がある」というメールを貰い驚きと共にボゼの日を迎える。


いくらか涼しくなってきた夕方前、会場になる公民館には「ボゼツアー」で来た120名以上が集まり満員御礼。
独特な緊張感と開放感のあるボゼ祭りは泣きわめく子供の声と拍手喝采、暗くなる頃には、つつがなく恒例のカラオケ大会に流れ混んだ。

亜熱帯の植物、赤く浮かびはじめた満月のなか、妙にほっとする町内会的なお祭り、子供達に手を引かれ、みんなで「星がみえるところ」に行くことにした。
水平線が見渡せる崖の上のカーブで、夜風にはしゃぐ子供たちと見た離島の皆既月食はなんとも言えず素晴らしい。


夢みたいな旅の帰路、鹿児島から福岡に向かう真っ昼間の高速バスに揺られてウトウトしていると、突然すごい勢いの夕立ちに起こされた。
まわりは薄暗く、運転席のワイパーが役に立たないほどの雨、そしてなぜか謎のブザーが鳴っている…しかしほんの1分ほどで嘘のように平和な夏空に戻った。

南洋の神「ボゼ」のことをぼんやりと思いながら窓の向こうを眺めると、山から山へ、大きくハッキリとした七色の虹がかかり、不思議な祝福を感じずにはいられなかった。


| zenkana | 04:01 | comments(0) | - | pookmark |
今日の桜島
080206_0715~0001.jpg
くもり・湿度高い


「悪石島に先祖の土地がある」という人から電話があり、今月末一緒に悪石へ行くことに…

そういえば、噴火はレベル3まで危険度がアップしてたはずだけど、いったいどうなったんだろう…
| zenkana | 07:52 | comments(5) | - | pookmark |
今日の桜島
080208_1651~0001.jpg
あれは…噴煙?!


トカラ焼酎…やはり「酒」は免許などなどハードルが高い。

自分個人で免許をとって作るのはまず無理、例えば小さな酒造を買い取るか、広告代理店に企画を持ち込むか…というのが一番現実的みたい。

トカラ列島の皆既日食に興味を持っている酒蔵の人がいれば話しは別だと思うのだが…噴煙を吐く火山を見ていると人間が小さく見えてくる。

| zenkana | 23:12 | comments(3) | - | pookmark |
今日の桜島
080213_1515~0001.jpg
ナイス噴煙


天気予報で寒くなるのを覚悟してたけど暖房いらないくらい暖かい。

近所の八百屋で店先に並ぶキンカンを眺めてたら、店の姉さんがザラメで煮たやつをひとつ楊枝に刺して裏から持って来てくれた。
ツヤツヤしててやんわり甘い、なんとも言えずいい香りだった。
| zenkana | 15:34 | comments(2) | - | pookmark |
今日の桜島
080216_0644~0001.jpg
火山活動活発に…


悪石島のまなみが高校受験に「合格」したとメールあり。

トカラ列島の生徒は高校生になると鹿児島に出て、市内にある十島村の寮で暮らす。
家族とは早くから離れて暮らすことになるのだけど、トカラのみんなが同じ道をたどり、出た先の寮にいるのはもちろんみな離島の子。
これからは一足早く街に出た兄ちゃん姉ちゃんと暮らす。

市内は島とは比べものにならない都会だけど、本人達はきっとこれまでと同じように落ちついて暮らすだろうと思う。

「成績なんてどうでもいい、休まず学校に行ってれば…」

お父さんの言葉が印象的だった。
| zenkana | 21:47 | comments(7) | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

悪石島はココ!

ボゼ神

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode